社員の声

高橋和希(2018年入社)

ビルメンテナンス事業本部
技術管理部
浦和コルソ設備管理所

意外に人との関わりが多い、設備管理の仕事

浦和駅前の商業施設・「浦和コルソ」で設備管理の仕事をしています。
工業高校の電気科で学んだ知識を活かしたい、と思って当社に入った私ですが、いざ現場に立つと、それまでの「設備管理」のイメージが大きく変わりました。
機械相手の仕事かと思いきや、人と接することが意外に多いのです。電話対応、テナントさんとの打ち合わせ。最初は不安でしたが、この3年で少しずつ慣れてきました。
仕事量は日によって違います。電気・空調・給排水、それぞれに定期点検のスパンがあり、それらが重なったり、電話対応の件数が多かったりすると多忙な一日に。対して、時間に余裕がある日は「今後役に立ちそうなこと」を考えて、自分にできる創意工夫をすることが多いですね。

「目の前の不便」をなくして、二度の社内表彰

その工夫が、予想外の結果を生んだことがあります。社内の表彰制度「GOOD JOB AWARD」で、有難いことに2度も入選することができました。
1度目は入社1年目のとき。工具の名称が分からなかったので、それらをひとつひとつ壁に掛け、ラベルを張って一覧できるようにしたいと提案し実行したところ、「見やすい!」とほめられました。実際は、自分の不慣れを解決したかっただけなのですが(笑)。
2度目は、3年目を迎えて間もなくのころです。各店舗のエリアと面積を記した図面が手書きのものしかなく、中には経年劣化で細部が見えづらくなっているものも。そのせいで店舗の入れ替え時に資料作成の準備に時間がかかる場面もあり、今後のためにもデータ化しよう、と提案。手書き図面を見ながらCADという設計ソフトで図面データを作成しました。目の前の不便をなくすことを考えていたら、結果的にみんなの役に立ち、嬉しい限りです。

「親しみやすさ」への信頼を裏切らないように

ここ浦和コルソ設備管理所のスタッフは11人。堅苦しさのない、明るい職場です。上司と部下、先輩と後輩が分け隔てなく話をできる雰囲気のおかげで、入社したてのころはわからないことをすぐに聞けて、教えてもらえました。僕も、後輩に対してそうありたいですね。手順書と同じことを型どおりに言うのではなく、体験に即してリアルに説明するようにしています。そうすれば、自分の再学習にもなりますから。
テナントさんとの関係も大切です。当社は浦和コルソの管理を長年にわたって任されており、毎年ご好評を寄せていただいていると聞いています。我々のマネジメントには、設備管理の範囲に限定されない「プラスα」があるようです。何でも相談できる柔軟さ、親しみやすさに寄せられた信頼に、相反しない仕事をしていきたいと思っています。

「仕事が終わって嬉しい!」の意味が、この3年で変化した

この3年で変わったことは、「仕事が終わって嬉しい」と思うときの意味合いです。
前は単純に、「終業時間が来て嬉しい」という喜び。今は、一つのタスクをやりとげたり、長期的な業務が終了したりしたとき――「成果に達した瞬間」に喜びを感じます。仕事の面白さというものを体得しつつある、ということなのかもしれませんね。

ある1日の流れ

DAYLY SCHEDULE

9:00

朝礼。前日からの「泊り勤務」のスタッフと情報共有

9:30~10:00

開店前の点検作業

10:00

電話対応業務。
並行して図面担当としての作業。
今後に役立つアイデアを練ることも。

12:00

昼休憩

13:00~17:00

電話対応業務。
点検のため随時巡回。
店舗からの連絡や相談に応じることも。

17:00

夕礼。一日の作業を連絡し合って終了。